HANAとANAマイルライフ

仕事に疲れたHANAが気分転換にマイル活動はじめました

エアチャイナのビジネスクラスでPLT修行やってみた②

エアチャイナ(中国国際航空)のビジネスクラスでベトナム・ホーチミン旅行をしてきました。

 

全行程4日間全てエアチャイナビジネスクラス利用の弾丸旅行です。

1日目:羽田ー北京

2日目:北京ーホーチミン

3日目:ホーチミン

4日目:ホーチミンー北京ー羽田

 

予約から出発、北京到着まではこちら。 

www.hana-mylife.com

 

北京到着ートランジットホテルへ

f:id:hana0303:20191111232451j:image

北京国際空港では、第3ターミナルEゾーン3階に到着します。

中国への入国審査を通過し、エスカレーターで2階へ下って、無人シャトルに乗車、第3ターミナルCゾーンに到着。シャトルを降りて流れに任せて歩くと国際線手荷物受け取りホールに出ます。今回は、機内持ち込みのサイズのリモワをコロコロ引いてきたのでそのまま素通りし、税関を抜けると到着出口です。

 

今回は、エアチャイナに用意してもらったトランジットホテルに宿泊するので、空港内にあるトランジットサービスのカウンターに向かう必要があります。

到着出口を出てキョロキョロすると、左手に中国国際航空トランジットサービスの赤いカウンターがすぐ目に入りました。すぐに見つかるかなぁ・・・という心配は無用でした。

 

私がカウンターに到着したのは午前1時を随分回った深夜。深夜にもかかわらず、何人ものサービススタッフが待ち受けていました。

トランジットホテルを予約している旨を伝えると、乗ってきた便名と名前を聞かれ、リストをチェックしている様子。その後すぐに、外に見えるバスを指さし、あのバスに乗るようにと言われました。

地上階に降りて外に出て、すぐ近くに停まっていたクラウンプラザの送迎バスに乗車して待っていると、程なく出発。10分程度でクラウンホテルプラザ北京国際空港に着きました。

f:id:hana0303:20191103164551p:plain

 

エアチャイナのトランジットホテル

エアチャイナがビジネスクラス乗継客に提供するトランジットホテルサービスを試したくて、わざわざ乗り継ぎ待ち時間の長い便を選んだ今回の旅行。クランプラザホテル北京国際空港に到着です。

 

深夜でもフロントでのチェックインは至ってスムーズ。キングベッドがいいか、ツインベッドがいいか聞かれ、ツインをリクエスト。

用意された部屋もとても素敵。なんの不満も無く、ゆっくり休む事ができました。

f:id:hana0303:20191113222529j:image

 

7時に起床し、朝食をいただきにレストランに向かいます。

レストラン前でカードキーを受付スタッフに提示し、ピッとされた後は、ビュッフェなので自由に席を確保します。フロアにはトランジット?と思しき欧米人が目立ちます。

f:id:hana0303:20191113221915j:image

広いレストランで、ビュッフェの料理にも色々な種類がありました。定番の朝食やオーダーできる卵料理など多くの料理が用意されています。不思議な中華料理もあり、中国のホテル朝食ビュッフェはこんなものかなーという感じです。特に不満もありません。何しろタダですから。

ということで、パンケーキやフレンチトーストなどを美味しくいただきました。
f:id:hana0303:20191113221919j:image

 

朝食を終えた後は、早々にチェックアウトします。

チェックアウトの際に、朝食代が請求されたりしないかな、とか、デポジット大丈夫かな、とか、ちょっと心配していましたが、ノープロブレム。フロントにカードキーを渡しチェックアウトを告げると、直ぐに「請求は無い」と言われチェックアウト完了。拍子抜けするくらいでした。

今回は、トランジットホテルとしてエアチャイナに用意してもらい泊まったのですが、何というか、自分でホテル予約サイトで予約し事前カード決済をした場合と全く同じでした。至って快適でした。

 

エアチャイナでは、

①エアチャイナ便の乗り継ぎで

②日を跨いだ乗り継ぎか夜間に到着する便で

③6時間以上の待ち時間があれば、

トランジットホテルを用意してもらえます。

https://www.airchina.jp/JP/JP/booking/hotels/

↑ここをチェック

いくつかの他条件や予約クラスによっては対象外となる場合もあるので確認が必要ですが、可能であれば、ぜひ利用したいサービスですね。

 

チェックアウトした後は、20時過ぎの乗り継ぎ便出発まで時間を利用して北京観光です。チャーターした車で北京を観光し、そのまま空港に送ってもらう予定です。

 

市内観光から空港へ

市内観光楽しかったです。

8時半にホテルロビーでドライバーと待ち合わせ。荷物をトランクに積んで出発です。

チャーターした8時間で行きたい場所は予め伝えてあり、回る順番とランチの場所を車に乗って打ち合わせし、まず午前中は万里の長城へ。

 

慕田峪万里の長城は北京中心部から車で約1時間、車を降りて山の麓からはなんとリフトでアクセスできる楽チンさ。

f:id:hana0303:20191116143851j:image

ちょっと怖い…

リフトを降りるとそこは万里の長城です。

f:id:hana0303:20191116144051j:image

かなり急な階段もあり、結構な登山?

f:id:hana0303:20191116144054j:image

見晴らしはいいし、天気もいいし、かなり急な階段もアスレチック感覚で楽しくて、万里の長城、最高でした!
f:id:hana0303:20191116144057j:image

で、山を降りる時はなんとボブスレー?

f:id:hana0303:20191116144303j:image

世界遺産からの帰りに滑り台とは中国ならでは。なんとも不思議な感覚…。まあ、それも楽しめました。

 

次は市内中心部に戻り、ランチに向かいます。

f:id:hana0303:20191116144654j:image

人気の24時間飲茶の店、金鼎軒でランチ。

f:id:hana0303:20191117175128j:image

色々種類もあって、お手頃なお値段で、美味しくいただきました。

 

ランチの後は、故宮、景山公園、天安門広場を回る予定だったのですが、渋滞にハマり、時間が無くなり、残念ですが、天安門広場のみに変更。

中国語ドライバーでもgoogle翻訳があれば意思疎通にほとんど問題なしです。

f:id:hana0303:20191116150407j:image

天安門広場で中国のスケールの大きさを改めて感じ、空港に向かいました。

空港までも大変な渋滞で、北京国際空港到着が18時頃になってしまい、チャーターした8時間を超えてしまいました。このため少し追加料金が発生してしまいました。

でも荷物をトランクに積んだまま身軽に観光できてとても楽チンだったので、結果としては車をチャーターして良かったなと思います。

 

空港到着からホーチミン

北京国際空港第三ターミナルに到着し、すぐに出国、エアチャイナのファーストラウンジに向かいます。

f:id:hana0303:20191117175857j:image

第三ターミナル国際線Eゾーンには、エアチャイナのラウンジは、ファーストラウンジ、ビジネスラウンジがあります。

今回はエアチャイナのビジネスクラスを利用しているので、ファーストラウンジに入ります。


f:id:hana0303:20191118215237j:image

f:id:hana0303:20191118215240j:image

ゆったりとしていて、全く混んでいません。

以前に北京出張の帰りに入ったビジネスラウンジは混んでいた記憶がありますが、ファーストラウンジはガラガラです。時間帯によるのかもしれませんが。

 

さて、ちょっとお腹も空いたので腹ごしらえ。


f:id:hana0303:20191118213759j:image

f:id:hana0303:20191118213803j:image


ダイニングエリアはかなり充実しています。ドリンクも豊富。ホテル並みかも。

ヌードルを作ってくれるバー?屋台?もあったので作っていただきました。牛肉麺、美味しかったです。お腹いっぱい。

楽しかった北京乗り継ぎ時間も残り少なくなり、搭乗口へ。

f:id:hana0303:20191118214120j:image

ホーチミンへ向かう機材は737。小さい…。
f:id:hana0303:20191118214123j:image

優先搭乗する程でもなく、ゆっくり機内にはいりました。さあ、ホーチミンに向けて出発です。

 

続きはまた。